えっそうなんだ!

知ってて良かった情報をおすそ分けブログ!

*

REGAIN(リゲイン)仮想通貨とは。ICO最新情報と購入方法まとめブログ

      2018/05/24

スポンサードリンク

マイニングに特化したプロジェクトである仮想通貨REGAIN(リゲイン)についてまとめてみました。

REGAINに限らずプレセールやICOの段階では肯定的な意見と批判的な意見が必ず共存します。

私が仮想通貨に関する情報を発信する際は事実に基づいた内容を心掛けていますので検討中の方は参考にして下さい。

ブログの内容はREGAINとはどういうプロジェクトか、また現時点で発表されている最新情報やICOスケジュールを中心にお伝えします。

REGAINに限らず仮想通貨業界が健全に発展することを望んでいるので誠意ある分かりやすい情報発信に努めています。

そしてこのブログを書いている現段階でマイニングによる配当がすでに実施されているので購入を検討する価値はあると思います。

それではREGAINについて学んでいきましょう!

スポンサードリンク

REGAIN(リゲイン)仮想通貨のプロジェクトとは

初めにも書いたようにREGAINはマイニングに特化したプロジェクトです。

そもそも、このマイニング(採掘)とは何か?

ビットコインやイーサリアムなど暗号通貨が取引される際には不正や二重払いが起こらないように過去の取引データとの整合性をとる必要があります。

これには膨大な量の計算を解かなくてはなりません。

そして全ての取引記録を取引台帳(ブロックチェーン)に追記していきます。

各取引において膨大な計算を最も早く解いたマイナー(採掘者)に報酬として新たな通貨が支払われます。

これが暗号通貨におけるマイニングという事になります。

ビットコインが今ほど浸透していなかった頃は個人レベルでもマイニングが可能だったのですが、現在では不可能といっても過言ではありません。

当初はCPUでの取引が行われていたのですが、ビットコインの価格が上昇しだすと計算を高速処理するためにGPUへと移行。

そして現在ではASICというビットコインのマイニング専用チップを搭載したマイニングマシンが主役になっています。

そこで問題なのがビットコインのマイニング市場が中国企業であるBitmain社の独壇場となっていること。

マイニングプール業界でNO1であるAntpool社(Bitmainの子会社)にAntmainerというASIC機を提供するBitmainが独占しているのです。

一企業がマイニング市場を独占するという事はコインも大量に保有することに繋がります。

すると市場での価格操作が行われるなど、本来ユーザー主導を目的としたビットコインの理念が脅かされているのが現状です。

REGAINはその現状に危機感を持ち「ユーザー主導のビットコイン市場を取り戻し、ビットコイン市場の安定」を目的として立ち上げられました。

すでにマイニング市場で第2位のポジションに位置するREGAINは、Bitmain社の元重役であったダン・アフレック氏がCEOを務めています。

アフレック氏曰く「REGAINプロジェクトの技術面に関して私達は革新的なプロジェクトの為に世界最先端の技術を使用しています。それは世界最高水準のASIC技術の専門チームでマイニング開発のパイオニアです。」と明言している。

さらに2019年までにBitmain社を抜きマイニングシェア率を80%にするとも言っています。

志は凄いのだが実現性はあるのか?

ここがREGAINプロジェクトに参加するか否かのポイントになります。

一体、REGAINはどのような戦略でBitmain社の市場を奪うのか。

仮に実現したとしても第二のBitmain社になり市場を独占することにならないのかという疑問が生まれます。

ここからはそれについて解説していきましょう。

現在、市場を独占しているBitmain社はどんどん最新のマシンを開発、販売しアップデートしていくことで既存顧客から継続的な収益を獲得している。

この様にマイニングマシン性能は日々進化しているので多額の初期投資をしてマシンを購入しても1年後には時代遅れの性能になってしまう。

そしてアップデートが必要となり資金も必要になる。

この仕組みが資金力のある一部のマイニングプールが独占する結果となっている。

そこでREGAINのとった戦略は以下の通りです。

■マイニングマシンの代金をゼロ■

■マイニングマシンの設置費用をゼロ■

■マイニングマシンのテスト期間にかかる費用をゼロ■

この戦略でBitmain社からのブランドチェンジを促進したり新規参入企業を獲得し逆転を狙うという事です。




ではREGAINはどのようにして収益をあげるのか?という疑問が出てくるわけです。

まずはREGトークンを発行しICOによって資金を調達する。

その資金を活用し開発したマシンでマイニングプールが得た収益を50:50で折半する。

そしてREGAINが得た収益の60%をトークンを保有しているホルダーに毎月、報酬として分配するという仕組みです。

少し分かりやすく説明すると、マイニングで得た利益が100万円とします。

まずこれをマイニングプールとREGAINで半分の50万円づつ分けます。

そしてREGAINに入ってきた50万円の60%=30万円をホルダー(出資者)に分配するという仕組みです。

4月15日にはREGAINからクラウドセール1でのホルダーに初の配当が実行されました。

初回は事業開始時期の関係で半月分の配当が行われました。

その配当は「1REGあたり0.017BTC」。

これはあくまで半月分の配当で次の月からは約倍の配当が想定されます。

という事は1REGあたり0.034BTCという事になります。

クラウドセール1での販売価格は1REGあたり4,000USDなので日本円で約44万円。

これに対して現在のビットコイン価格が80万円を超えているのでざっくり計算すると毎月27,200円の配当。

もちろんマイニングの成果やビットコイン価格の変動があるのであくまでシュミレーションではあるが年間326,400円の配当になります。

44万円の投資に対して年間32万円の配当ってちょっと話がうますぎると警戒してしまうレベルであることは否めませんね。

しかし、このREGAINプロジェクトが予定通りに進みシェアの拡大を実現すれば可能性は十分にあります。

そしてBitmain社のみならず他にも多くの企業がASIC機の開発に取り組んでいます。

それらの競合を上回るマシンの開発が最重要ポイントです。

その点においてはBitmain社の重役のポストにいたダン・アフレック氏がCEOであるというのは大きな強みであることは確かです。

ここまでREGAINプロジェクトについて初心者の方にも理解できるように書いてみました。

仮想通貨はREGAINプロジェクトに限らず不確定要素がつきものです。

可能性を感じるなら大きなリーターンが得られるREGAINプロジェクトに参加してみましょう。

REGAINのICO最新情報

管理人の私はこのREGAINプロジェクトの情報を発信するにあたって当然、REGを保有しています。

自身が保有していないコインやプロジェクトについて発信しても読者の知りたい本当の情報を提供できないと考えるからです。

2108年4月16日時点でのREG保有者に対してREGAINから送られてくる情報をお伝えしていきます。

先ほどもお伝えしたように4月15日にクラウドセール1でREGを購入した保有者に対して予定通り配当が実施されました。

実際に私のREGAINマイページにBTCが配布されています。

もちろんマイニングによる事業配当型のトークンなのでこれから先も順調に配当が実施されるという確証はありません。

それはプレセールやICOを行っている他のコインやトークンも同じことです。

それに比べてクラウドセール1で購入した保有者に対して配当を実施したという事実は大きな安心感になるのではないでしょうか。

先にも書いたようにマイニング市場はBitmain社がほとんどのシェアを独占しているとはいえ、2位につけるREGAINが実績を出し配当を行ったという事実は判断する際に大きな意味を持ちます。

さらにREGAINプロジェクトは2018年12月に仮想通貨取引所への上場も明言しています。

上場時点で順調にマイニング実績があり配当を実施していたと仮定するとかなりのキャピタルゲインも期待できそうです。

そして配当型であるREGAINが実績を上げていたとするなら保有者がすぐに売却するという可能性が低いので価格の維持や上昇への効果も想定できます。

REGAINプロジェクトはクラウドセール1での保有者に対して実行された配当をぜひREGに再投資して下さいと言っています。

それはプロジェクトに対する自信の現れで、配当を再投資することで複利効果を最大限に利用し資産構築を加速させます。

私が2017年12月のクラウドセール1の時点で参加した当初は期待半分と不安半分であったのは確かです。

しかしそれ以降、REGAINプロジェクトが進むにつれて様々な情報が得られ実際に配当が実施された現在は大きな期待を持っているのは確かです。

もしREGAINプロジェクトへの参加で迷っておられるならこのブログを参考にしていただければと思います。

ホワイトペーパーにプロジェクト内容が分かりやすく説明されているので必ずチェックしてくださいね。

REGAINホワイトペーパーを確認


クラウドセール日程と購入方法

先ほどもお伝えしたようにクラウドセール1は終了し、予定通り4月15日の配当が実行されています。

セール期間も2018年2月1日を待たずして上限に到達し早期終了しました。

現在行われているクラウドセール2については配当が開始された安心感で購入が加速すると予想されます。

全てのクラウドセール段階において期間に関わらず上限に達した時点で終了するので注意してください。

 

■クラウドセール1■

●発行トークン・・・5000REG

●価格・・・1REG=4000USドル

●調達金額・・・約22.5億円

●期間・・・2017年12月22日12時~2018年2月1日12時(上限到達で即終了)

●マイニングマシン稼働開始・・・2018年3月15日~

●配当開始・・・2018年4月15日~

●権利・・・第4段階でのICOセール発行トークン第1優先購入権付与

クラウドセール1はすでに終了し配当が開始されています。

 

■クラウドセール2■

●発行トークン・・・10000REG

●価格・・・1REG=4400USドル

●調達金額・・・約49億円

●期間・・・2018年4月1日12時~2018年5月15日12時(上限到達で即終了)

●マイニングマシン稼働開始・・・2018年7月1日~

●配当開始・・・2018年8月15日~

●権利・・・第4段階でのICOセール発行トークン第2優先購入権付与

 

■クラウドセール3■

●発行トークン・・・15000REG

●価格・・・1REG=5200USドル

●調達金額・・・約87億円

●期間・・・2018年7月1日12時~2018年8月15日12時(上限到達で即終了)

●マイニングマシン稼働開始・・・2018年10月1日~

●配当開始・・・2018年11月15日~

●権利・・・第4段階でのICOセール発行トークン第3優先購入権付与

 

■クラウドセール4■

●発行トークン・・・35000REG

●価格・・・1REG=4000USドル

●調達金額・・・約157.5億円

●第1優先期間・・・2018年10月1日12時~10月15日12時

●第2優先期間・・・2018年10月15日12時~10月22日12時

●第3優先期間・・・2018年10月22日12時~11月1日12時

●優先なし期間・・・2018年11月1日12時~11月15日12時(上限到達で即終了)

●マイニングマシン稼働開始・・・2019年1月1日~

●配当開始・・・2019年2月15日~

クラウドセール4に関しては早期保有者順に優先的に購入の権利が与えられます。

マイニングの成果やプロジェクトへの不信感がある場合は早めのセールで少しだけ購入しておき第4セールで追加購入を検討するというのがおススメです。

1REG当たりの価格が表示されていますが購入単位は0.1REGでも可能です。

日本円で約45,000円~55,000円でも参加できるので検討してみてはいかがでしょうか。

購入方法はビットコイン、REGトークン、USドルから選択できます。

もしクラウドセール4の段階で実績が出ていた場合、優先権がなければ購入すること自体が難しくなる可能性もあるので注意してください。

■クラウドセール購入方法■

購入方法はREGAIN公式サイトへアクセスして「今すぐ登録する」の画面から行います。

日本語で作られた登録フォームなので慣れていない方でも簡単に行えます。

私自身もそうなのですが買いたいと思ったICOの申し込みフォームが英語しかない場合はそこで断念してしまう方も多いのではないでしょうか(笑)

この点でもREGAINは安心して参加しやすいICOだと言えます。

登録方法も各項目を記入していくだけの簡単な作業です。

下のリンクからREGAIN公式サイトへアクセスすればスムーズに購入できます。

【REGAIN クラウドセールはこちらから】

 

まとめ

私がICOやプレセールの情報を発信する際に気を付けているのは買い煽るような内容や噂の域を超えない内容は書かないという事です。

なので自分が購入していいないものに関してもブログには書かないようにしています。

現在約15種類のICOとプレセールに参加していますがほとんどが上場前の段階です。

その中でもすでに配当という実績が出たREGAINに関しては今後の期待値が大きいのは確かです。

検討をされている方が一番知りたいのはプロジェクトから保有者に送られて来る最新の情報ではないでしょうか?

今後も新しい情報が入り次第、こちらのブログを更新していきますので判断材料の一つとして活用して頂ければと思います。

お決まりのセリフにはなりますが「投資は自己責任」です。

このブログも情報の一つとして精査してくださいね。

 

「ユーザー主導のビットコイン市場を取り戻し、
ビットコイン市場の安定」の実現を目的としたプロジェクト。

【REGAIN クラウドセールはこちらから】

仮想通貨の関連記事 ↓↓↓↓↓

AIzen(アイゼン)コインの特徴とは?プレセールの日程や購入方法まとめ

ASECコイン仮想通貨とは!評判や詐欺の心配はない?価格や購入方法。

スポンサードリンク

 - 投資 , ,