えっそうなんだ!

知ってて良かった情報をおすそ分けブログ!

*

ASECコイン仮想通貨とは!評判や詐欺の心配はない?価格や購入方法。

   

スポンサードリンク

2018年は新しく立ち上げられた暗号通貨(仮想通貨)のプレセールやICOが活況を迎えています。

Bitcoinに代表される仮想通貨はインターネットを活用した通貨革命として世界の注目を集めているのはご存知のとおり。

国や銀行が介在できない非中央集権型のお金の流通方法として新しい時代に期待する人も多くいます。

しかしながら、仮想通貨に限らず今までとは違う新しい仕組みが誕生する際には期待と不安はつきものです。

実際に仮想通貨の将来性にいち早く可能性を感じ保有した人々は莫大な資産を築いています。

その反面、上場前のプレセールやICOで価格の高騰を見込んで購入してもプロジェクトが消滅したり、そもそも投資詐欺のような案件も多いのが現実です。

このように黎明期である仮想通貨には大きなリターンとリスクが同居しています。

大前提として購入を検討しているコインに関してしっかりと情報を集め分析することが重要です。

そして仮想通貨に限らず投資全般において余裕資金で行い、結果に対しては全て自己責任であることを忘れてはいけません。

今回のASECコインが詐欺なのか、それとも将来性を期待できるのか?

数々のICOやプレセールに参加している私の見解をまとめてみました。

購入の際の判断材料の一つとして活用して頂ければと思います。

スポンサードリンク

ASECコイン仮想通貨とは?

まずASECコインがどのような目的や理念の下で立ち上げられたプロジェクトなのか?

プレセールで資金を調達するからには価値あるプロジェクトを実現し、尚且つ投資家への利益の還元が行わなければ意味がないですね。

それではASECコインとはどんなプロジェクトなのかを見ていきましょう。

■ASECプロジェクトの主要人物■

①最高顧問:Dr.カセー・チャナオン

重病の父親、貧しい家庭、小学校にすら通うことのできない幼少期を経るも勉学を怠ることなく医師免許を取得し、

地域医療に貢献したDr.カセーは御年83歳であるにも関わらず、自国のために最後の使命としてASECプロジェクトを発足。

聡明な知識と知恵、誠実さと謙虚さ、志高き温和な人柄で、これまで数多くの実績を経歴を重ねてきた高徳な人物が

ASECプロジェクトを主動。

[著名な経歴]

アジアのノーベル賞「マグサイサイ賞」を授賞 − 医者として地域医療に貢献 −

天皇陛下より旭日大綬章を受章 − 外務大臣として、日本とタイの親交に深く貢献 −

首相府大臣、顧問を歴任 − 国民にもっとも愛される政治家 −

著書「イサーンの医者」− Dr.カセーの半生を綴った書籍 −

東南アジアの災害支援団体「ADPC」創設 − 十ヶ国以上が参加する財団の会長 −

国立ナラティワート大学総長 − その他多数の教育理事を兼任 −

2018年映画上映予定 − カンヌ国際映画祭、出展予定 −

②最高経営責任者:Dr.タパナ・ブンラー

王族事業ロイヤルプロジェクトに10年以上関わり続け、タイの四大商社BQグループの最高幹部に就任しているDr.タパナは、

かつて三菱商事の貿易コンサルタントとして活躍し、優れた経営者を表彰するWHO’S WHO IN THAILANDに選出されるほどの

敏腕実業家。経済学者として国内のTV番組にも多数出演。

またタイ国内においては現・暗号通貨政策担当者に任命。

ASECプロジェクトのCEOとして、タイ国内における暗号通貨市場の

土壌を肥やし、ASECプロジェクトの事業を成功へと導く重要人物。

[著名な経歴]

政府委員会メンバー − Dr.カセーの政治家時代に右腕役として活躍 −

三菱商事の貿易コンサルティング − 20年間売上ナンバーワンに導いた立役者 −

BQグループ最高幹部 − タイの四大商社と称される石油貿易企業 −

ロイヤルプロジェクト顧問 − タイ国王族からの厚い信頼 −

経済学者としてTV出演 − 教授として多数の特別講義依頼を受ける −

World Trade Association − タイを代表する優秀な投資家集団のリーダー −

■ASECプロジェクトが目指す2つの目的■

①東南アジアの貧困問題解消

第一の目的としてASECコインを活用し東南アジアの教育格差を緩和する。

多くの発展途上国では両親のいない子供が多く存在し孤児院などに子供たちが多く存在します。

この様な施設で育つ子供たちは充分な教育を受ける事が出来ず、未来や可能性も制限されてしまいます。

そんな子供たちへの奨学金や教育環境の改善を実現するため事業収益の一部を寄付するのが目的です。

ASECコインを購入する事で多くの子供たちに学ぶ環境とチャンスを与える事が出来るのです。

②ASEAN諸国の経済発展に寄与する

流通革命として今後フィンテック化がさらに加速していきます。

金融は勿論のこと医療、教育、不動産、製造業、農水産など全ての分野といっても過言ではないほどフィンテックによって劇的に変化していきます。

ASECプロジェクトでは独自のブロックチェーンを介してASEAN企業を中心としたフィンテックサービスを推進します。

既にDr.カセー・チャナオン、Dr.タパナ・ブンラーを中心に多くの企業が参加の意思を表明しています。

このようにASEAN企業を中心にフィンテック化を進め東南アジアの経済を劇的に変化させる事を目的としています。

ASECコインの評判や詐欺の心配は?

そして私が購入を判断する大きな要因の一つが

どの様な人物がプロジェクトに関わっているのか!?

という点です。

これに関しては次の3点について徹底的に調べます。

■プロジェクトの中心人物がどんな経歴や社会的地位なのか?

■本当にプロジェクトに関わっているのか?

■プロジェクトが達成されなかった場合に失うものが大きいか?

現在行われているICOやプレセールの約75%は詐欺や実現性のないプロジェクトだと言われています。

資金を集めるだけ集めて知らぬ間に消滅したり、そもそも詐欺目的で立ち上げられるもの多いのです。

そういう点からも社会的地位やビジネスにおいて大きな実績や信用のある人物が関わっているのかは判断する際に重要なポイントなのです。

先ほども紹介したようにASECプロジェクトの中心人物はDr.カセーとDr.タパナ。

経歴や実績、社会的地位に申し分のない公人2人がプロジェクトの中心人物です。

日本で開催されたASECコインのイベントにおいても来日し講演も行っている事から著名な2人の名前だけを利用したお飾りではないと言えます。

これだけの経歴と実績を積み上げた人物達が晩年を汚すような怪しいプロジェクトに関わるでしょうか?

今現在、多くの新興コインのICOやプレセールが行われています。

そしてプロジェクトの内容が示すホワイトペーパーも公開されています。

しかし、ホワイトペーパーにおいて立派な事業計画や理念、将来性が書かれていてもそれは絵に描いた餅であることが多いのです。

実現性が疑われるようなプロジェクトを平気で宣伝し、資金集めをしているであろうものが散見されます。

例は悪いかも知れませんがいわゆる再現性のない情報教材を情報弱者に売りつけ荒稼ぎしているような人種と変わらないのです。

そういう観点からASECプロジェクトが信頼に値するかを判断しても良いのではないかと思います。

また各地で説明会や相談会も頻繁に開催されているので足を運びプロジェクトの内容を直に確かめる事をおすすめします。

特設サイトはこちら>>>


ASECコインの価格と購入方法

2018年5月15日、ASECプロジェクトより当初予定の2018年末までの販売期間が早期終了する可能性があるとアナウンスされました。

個人投資家へのプレセール終了後は機関投資家向けにプレセールが行われるようです。

個人での購入を検討されている場合は参考にして下さい。

■販売価格■

ASECコインのプレセールは2016年10月から1ASEC=10セントからスタートしました。

ASECコインは変動制で毎月1日に価格が更新され2018年末のプレセール終了時点では1ASEC=1ドルになる予定です。

1ヵ月ごとに価格が上昇するので早めに購入すればそれだけ大きな利益を受け取れる仕組みになっています。

2018年5月の価格は1ASEC=35セントで販売されています。

プロモーションやマーケティングが進み、プロジェクトの全貌や注目度が上昇してきているので購入のタイミングとしては良いのではないでしょうか。

6月のカンファレンスにはDrカセーとDrタパナに加えて新たに就任するCEOも参加するようです。

この新たなCEOはタイ王国の王族だという事でさらに信頼性を増しています。

カンファレンス終了後には懇親会も開催され、Drカセーらとも交流が持てるようなので参加してみてはいかがでしょう。

■購入方法■

①専用フォームから申し込みます。

名前やメールアドレス、購入金額など日本語対応の分かりやすいフォームです。

海外の英語のみのフォームとは違い、サポートも日本語対応しているので安心です。

②購入金額を振り込む。

振込先口座は申し込み後に表示されるページ及び登録したメールアドレスへ送信されます。

1口10万円単位での申し込み受付です。

口数当たりのコインの購入枚数は購入時の販売価格と為替レートで換算されるので変動します。

③購入したコインを確認する。

ASECコインを購入するとメンバーサイトの個人アカウントが発行されます。

メンバーサイトにはASECコインの様々な情報の他に購入したコインの枚数も確認できます。

入金後1営業日以内に反映されるので確認を忘れないようにしましょう。

まとめ

ネット上には様々な情報が飛び交っています。

もちろんASECコインについても詐欺目的、上場しないなどネガティブな情報があるのは確かです。

しかし、ネガティブな情報が全くないコインなど存在しません。

例えばかなりの資金を投資したADA(カルダノ)コインなんかはネット上では完全に詐欺であるという無責任な情報が飛び交っていました。

その後に上場し莫大な利益がもたらされたのは周知の事実です。

私はADA以外にも多くのICOやプレセールに参加していますが今のところ詐欺にあったり、プロジェクトが消滅した事は一度もありません。

それは先にも書いたようにプロジェクトに関わっている人物を徹底的に調べそれを判断材料にしているからです。

その経験からもASECコインはかなりの確率で有望であると判断し記事を書いてみました。

当然ながら投資に100%は無くリスクはつきものです。

結果に対しては自己責任であり、余裕資金で投資することが重要です。

この記事を参考にしてASECコインの購入を検討してください。

ASECコインの詳細はこちら>>

関連記事 ↓↓↓↓↓

すでに配当が実行されているマイニングプロジェクトのプレセール

REGAIN(リゲイン)仮想通貨とは。ICO最新情報と購入方法まとめブログ

AIzen(アイゼン)コインの特徴とは?プレセールの日程や購入方法まとめ

スポンサードリンク

 - 投資 , ,